コスメの玉手箱┃妊娠線予防クリームやセルフまつエクでお悩み解決

顔を洗う

妊娠線は保湿が大事

洗顔

妊娠線を予防したいと思う女性は多いです。妊娠線とは妊娠をして腹部が大きくなったり、体重が増えたりした結果、乾燥しやすい肌の人に多く出来てしまう傷のような線のことを言います。妊婦さんの腹部は胎児の成長と共に皮膚が伸びます。その時に避けてできる傷が線のように見えることから妊娠線と呼ばれています。妊婦の過半数の人に起こる可能性があるとされています。妊娠線を予防するには肌の保湿を行ない、乾燥を防いで肌を柔らかくすることが妊娠線を予防するには大切です。

妊娠線予防を行なう方法はいくつかあります。妊娠線予防用のローションやクリーム、オイルなどです。妊娠線予防で多くの妊婦さんに利用されているのが妊娠線予防用オイルです。オイルは油分が高く保湿力が高いです。保湿以外にも皮膚の温度を上昇させて皮膚を柔軟にする効果もあります。オイルは油分量が多い分、水分量が不足してしまうことがあります。そのため、ローションやクリームと併用して使うとさらに良いでしょう。さらに、塗るタイミングにもこだわりましょう。乾燥を感じたら塗るのも良いのですが、お風呂あがりなど、肌が基本的に湿っていて保湿量が高い時にクリームとオイルを塗ると、保湿力アップ効果に更に期待ができます。

オイルには、妊婦さんがあまり使わない方がいいオイルもあるので気をつけましょう。オイルの成分の中には、子宮を収縮させてしまう作用や、肌への刺激が強すぎる影響があるものもあります。妊婦さんは精神的にも安静にした方が良いので、刺激を与えないようにする方がいいでしょう。妊娠線予防の際のオイル選びは、こういった肌への刺激の強さにも目を向けてしっかりと選ぶことが大切です。